サイハテノアトリエ

イラスト、漫画、日常雑記など

クラウドワークスでYoutube漫画制作のお仕事をさせて頂いた話(副業としてオススメ?)

どうも、こんにちは!まぷー(@mapooh_drawing)です♬

 

この度、クラウドワークス経由でYoutube漫画制作のお仕事をさせて頂きました。

 

「自分なんかが出来るんだろうか?」と不安を感じながらも、なんとか納品までこぎつけることが出来ましたので、そのレポートをお送りしたいと思います。副業としてYoutube漫画制作を検討している方にも参考になれば幸いです。

 

著作権や秘密保持契約との関係により、案件の詳細については伏せさせて頂きますが、ご了承ください(サムネイル画像は今回の案件とは関係がありません)。

 

Youtube漫画とは?

最近、Youtubeでよく見かける漫画形式の動画のことをいいます。

 

有名なチャンネルで言いますと、「フェルミ研究所」 があり、登録者数は200万人を超えております。

 

時事ネタ、実体験、歴史…などのエピソードを漫画イラスト&セリフ・ナレーションを交えて説明するというもので、文字や写真を使って説明するよりも、イラストを使った方が視覚的にも飽きないので、視聴回数が伸びやすいという特徴があります。

 

そのおかげか、現在Youtube漫画チャンネルが急速に増えており、クラウドワークスでもYoutube漫画制作の案件は物凄い多いです。

 

イラストが描けるなら未経験でもOK

応募資格についてですが、、

 

私のように、Youtube漫画どころか、商業誌への持ち込みなどをしたことがない人であっても、イラストが描けるのであれば未経験者でも大丈夫でした。

(もっと言うなら、私はクラウドワークスでの受注実績もありません)

 

過去に制作したイラストをポートフォリオとして提出し、求められている絵柄やテイストとマッチするのであれば、未経験者でもお仕事をいただくことは可能です。

 

(※)ただし、登録者数が多い人気チャンネルですと、報酬が高くなる代わりに、求められるハードルも高くなり、過去にYoutube漫画を制作した実績などを求められるケースもあります。クライアントさんによりけりです。

 

 

ちなみに、求められている絵柄はストーリーやチャンネルの傾向によっても変わります。

 

クスっと笑える話であれば、ほのぼの系(日常系の4コマ漫画など)の絵柄が合いますし、シリアスな話であれば、リアル寄りのキャラを描ける人が重宝されるといった具合です。

 

もし可能であれば、異なる絵柄のアートワークを複数提示し、「こんな風に絵柄を描き分けることができますよ」とアピールすると良いかもしれません。

 

契約条件について

①報酬

報酬については、「作品1本につき○円」という報酬体系の場合もあれば、「1ページにつき○円」 という報酬体系の場合もあります。

 

大体、1ページにつき1,000〜2,000円ぐらいの案件が多いように思います(ただし、初回はトライアルとして報酬単価を下げられるケースもあります)。

 

ですので、もし仮に、ページ単価2,000円で、20ページの作品を描いたとしたら、40,000円の報酬となります。

 

②納期

納期については、7日〜14日ぐらいを設定している案件が多いように思います。

 

「早ければ早い方が良い」「納期は絶対厳守」というクライアントさんもいらっしゃれば、「クオリティを上げてくれるなら、納期は伸ばしてもいい」というクライアントさんもいらっしゃるようにお見受けします。

 

今回、お仕事を頂いた発注者様は、どちらかと言えば後者のタイプで、スケジュールについてはかなり融通を利かせて頂けました。本当に感謝です。

 

③作業工程

大体、どの案件も「ネーム作成」→「清書」→「サムネイル作成」という流れになるかと思います。

 

初めての作業で慣れていなかったということもあり、私の場合は、ネーム作成に約30時間、清書に約80時間かかりました(20ページほど)。ですので、もし仮にフルタイムで作業したとすれば、ネームに3〜4日、清書に10日かかる計算になります。全体で2週間ほどです。

 

「ネームを作るのに3〜4日もかかる?もっと短期間で作れるでしょ?」

と思う方もいるかもしれませんが、これぐらいはかかると思います。

 

そもそも、自分で考えたストーリーではなく、他のシナリオライターさんが作成したプロットをベースにして、キャラデザインや構図を組み立てていくので、イメージを固めるのに時間がかかります。

 

しかも、自分だけが内容を把握できれば良いというわけではなく、クライアントさんにもシーン描写が分かるように作る必要があるため、そこそこ描き込まないといけません。

 (ここがオリジナルの漫画を描く場合と一番違うところです。ネームというより、ラフ画に近いかもしれません)

 

そうすると、どうしてもそれぐらい時間が掛かっちゃうわけです。。

 

この点については、ページ数やクオリティによっても変わると思いますし、作業に慣れていればもっと短い時間でこなすことも出来るとは思いますが、どんなに早描きの人でも全てを完成させるまでに最低でも1週間ぐらいはかかるんじゃないかと。。

 

総合感想

最初は、自分に出来るか不安でしたが、挑戦してみて本当に良かったと思います。

 

「このシーンのキャラの表情はどうする?」

「もっと動きをつけた方がいいか?」

「キャラの心情に合わせた背景にした方がいいかな?」

「演出をもっと派手にしてみようか?」

 

 …等々。

色んなことを考えながら、あーでもないこーでもないと頭を悩ませつつ、作品に取り組んだおかげで、自分自身の表現力アップにも繋がったと思いますし、自分の中での壁をひとつ破ることが出来たような気がします。

 

ですので、副業がどうのこうのではなく、自分自身の経験値を上げるためであれば、Youtube漫画制作はオススメです(^_^)

 

 

では、副業としてはどうなのか?と言いますと、、

 

Youtube漫画制作を副業にするためには条件調整が必要…というのが私の結論です。

 

副業にするうえで一番ネックになってくるのがやはり納期でして、会社員が仕事終わりにちょこちょこっと作業をするだけでは、1週間〜2週間以内に納品するのはほぼ不可能に近いと思います。

 

ですので、クライアントさんに相談したうえで、「1ヶ月に1本納品」とか、納期や納品件数を調整することが出来るのであれば、継続的な副業にすることは可能かな…という気がします。

 

というわけで、本日のYoutube漫画制作のレポートは以上です(^ ^)

 

f:id:mapooh_draw:20200722024357j:plain